転職前

転職失敗するリスクを少しでも減らす方法ベスト3!一般職編

転職しない方法

いま転職で悩んでいる皆さんが心配なことは恐らく、「転職先でも嫌なことがあって失敗したらどうしよう」という不安ではないでしょうか?

私が仕事の中で職探しをしている方の対応を毎日するのですが、転職はしたい!と考えながらも、次の職場のイメージが異なり転職を失敗したらどうしようという風に考えている方も本当に多く感じます。

そもそも皆さんが転職をされて失敗したと感じるケースはどのようなケースですか?

日頃、求職者の皆さんとお話する中で転職に失敗したと感じるケースは、

  • 人間関係が良くなかった
  • 思っていた配属先と違った
  • 想定していた給与と大きな開きがあった
  • 毎日の通勤がキツイ

これが全てではないですが上記のような理由で失敗したと感じる方は物凄く多いです。

それではなぜこのような転職失敗例が出てくるのでしょうか?

私が所属する人材紹介会社では常に数多くの求職者の方のご登録が数多くあります。その中で転職失敗する人、転職成功する人と大きく2つに分かれますがその方々が転職活動の中でどのような違いがあるのかを皆さんにお伝えしていきます。

あらかじめお伝えしていきますが、人間関係が良くないからという理由で転職される方に関してはまず大前提としてお伝えしておかなければならない事がありますので、前回の記事内容を見て頂ければと思います。

転職失敗するリスクを少しでも減らす方法~配属編~

転職して失敗したと感じる理由の中に、思っていた配属と違う所属に配置転換になったというような意見を頂くことが多くあります。基本的には求人募集を見て、その職種に応募したい!と思ったから面接もしたわけなので、基本的には配置転換は受け入れられないですよね?

それならばどうすればそのような失敗が起きないのかという話にポイントを絞ってみましょう。

ポイントとしては大きく2つあります。

  • 採用内容明示された際に異動有無の確認を怠らない
  • 異動はあるものだと事前に把握しておく

まず大切なのは内定をもらった際の書類に目をしっかり通していますか?

ここには基本的に異動の有無が記載されています。それにも関わらず見ていなかったり、見落としてしまうと自身のミスになります。

その条件に納得がいかないようでしたら、その企業と話し合いをして異動が無いように調整して頂いたり、その調整が難しそうであれば事前に異動は難しいという内容を伝えたうえで内定を受けなければ入社後に慌てる心配などもありません。

もう1つのポイントとしては、基本的に異動はあるものとして認識しておくことも大切です。企業は多くの従業員から成り立っており、新部署設立等も出てきます。そうなることで勿論社内での人の調整は出てきますので異動は避けられないという認識も必要です。

これが転職失敗しない為のまず1つ目の重要なポイントとも言えます。

転職失敗するリスクを少しでも減らす方法~給与編~

次に求職者の方々からよく聞く転職失敗の理由として多いのが給与に関する内容です。

基本的にハローワークの求人票や求人サイトなどに掲載されている給与体系などを見て面接等に挑む方が多い方かと思います。

それは間違いではなく、年収や月収のイメージをする為には大切なことです。

ですがなぜ入社後に給与が思っていたより低いなどのことになってしまうのでしょうか?

会社によって異なりますが、入社後3ヶ月間は月給制ではなく時給制や、一定のスキルを習得するまで時給制などというようなルールを定めている会社もあります。

先程お伝えしたようなハローワークや求人サイトに掲載されているものは、一定期間を終えた後の月収の例を記載されているところがほとんどです。

基本的には内定を会社側から貰った際に給与の条件や試用期間の給与内容なども記載されているケースがほとんどです。

しかし、そこを見落としてしまうと実際に働き始めてから気付くこととなる為、非常に大変な事になります。

そうならない為にもやはり自分で内定時の書類にしっかり目を通すことは必要です。

転職失敗するリスクを少しでも減らす方法~通勤~

基本的に休日でない限り職場には毎日通勤しますよね。

そこの通勤がネックになってしまい転職をされる方も多いのは事実です。

良くある例としては、

  • 毎日の通勤時間と通勤ラッシュが重なってしまい想定の倍時間がかかる
  • 乗り換えが面倒で無駄な時間が多くある

転職理由として上記のような意見を出される方も非常に多くいらっしゃいます。

ですがこの転職理由こそ一番回避はしやすいのは言うまでもありません。

基本的に自分が希望される職場が求人サイトなどに掲載されていた場合、皆さんは携帯のマップ機能などを利用して通勤ルートや通勤時間を大体把握されることが多いかと思います。

面接前には恐らく出勤するであろう時間帯に実際に何度かシミュレーションをしてみなければ実際に何分通勤にかかるのかといった問題であったり、どの道が混むのかなど把握できないかと思います。

基本的にはしたくない転職です。

ですがその転職を失敗しない為にも、すこし面倒な事かもしれませんがやってみることであなたの転職は成功に近づいていきます!