時事ネタ

ルビーロマンやジュエルマスカット、海外流出原因は?苗木販売業者会社名判明!

日本の高級ブドウが海外に無断で流出して栽培され、海外で高値で取引されている

ようです!あり得ませんよね!何の許可も取らずに海外に持ち込み、無断で栽培し、

勝手に販売して利益を得ている。。泥棒と同じで、開発者の努力がすべて水の泡です。

原因はやはり中国!本当にたちが悪い国だと思います!それを購入して育てている

韓国の農家も自分が良ければそれでよいという発言は許せません!今回の海外流出は

なぜ起きたのでしょうか!?原因を調べてみました!

日本の高級ブドウが海外流出!

ルビーロマンやジュエルマスカット、1房140万円の高値が付いたことのある超高級ブドウ

が海外に無断で流出しているようです!

石川県でしか作られていないはずの超高級ブドウと同じ名前のブドウが、韓国で栽培され販売されているという情報が。 現地の栽培農家を緊急取材した。韓国・ソウル市にある高級デパートで、最近あるものが販売された。 宝石のように美しいブドウ「ルビーロマン」。 1房140万円の値を付けたこともあるこのブドウは、石川県でしか栽培されていないはずだが、なぜか韓国産として売られていた。取材班は、ソウルで売り切れ寸前の高級ブドウを入手。韓国産「ルビーロマン」は、何と1房日本円でおよそ8,000円。粒はピンポン玉ほどの大きさ。さらに、山梨県限定のはずの「ジュエルマスカット」。こちらも韓国産として販売されていた. 実はこれらは、日本に無断で栽培されたものだった。こうした日本の高級ブドウを勝手に栽培する農家が韓国内にあると聞いて、取材班はソウルから150kmほど離れた町へと向かった。そこで記者が目撃したものは… 看板には「ジュエルマスカット」の文字。すでに収穫されてしまったのか、ブドウは見当たらない。農家に直撃取材すると、カメラ取材は断られたが、話を聞くことができた。「ルビーロマン」生産者「手順を踏んで手に入れたものではない。日本側から見れば盗み出したと考えるが、先進国の立場で大目に見てほしい」 日本では2021年4月に改正種苗法が施行され、「ルビーロマン」や「ジュエルマスカット」の種や苗は、海外に持ち出すことは禁止されている。どうやって入手したというのか。ルビーロマンの苗木を販売する業者に聞くと、このような答えが。「ルビーロマン」苗木販売業者「世界的に見れば小さい話だ。すべて中国から輸入している。文句を言うなら中国に言え」今回のブドウは、改正種苗法が施行される前から韓国で栽培が始まっていて、使用料を徴収するのに必要な品種登録もなされていないことから、農水省は韓国での栽培を制限できないとしている。ブドウを開発した石川県と山梨県に映像を見てもらったが、「本物か偽物か判定するのは難しい」と対応が難しいのが現状。取材班は、ブドウ王国・山梨県でジュエルマスカットを生産する農家を訪ねた。高温多湿に弱いため栽培が難しく、2020年は長梅雨の影響で収穫できたのはわずか2房だった。農家は、韓国産ジュエルマスカットにショックを隠し切れない。山梨園・向山亨園主「ほんと、でもごめんなさい、言葉が浮かばないですね…」ジュエルマスカットの苗木は山梨県が管理し、県内の農家も身分証を提示しないと購入することができないという。韓国への流出劇に農家は…山梨園・向山園主「山梨県の栽培農家の誇りをあまり傷つけないでほしいのは正直ある」

出典:フジテレビ系FNN

海外では日本の果物が国内よりも数倍高く取引されているので今回のような事は氷山の一角でしょうね!ほかにも探せばもっといろいろなものが海外で流通しているはず!日本は法律をもっと強化してこのようなことがないようにしてほしいですね!
海外で韓国産の社員マスカットはすでに人気があるもんね!元をたどれば日本産がルーツだったと思うと日本の甘さが露呈しちゃうね。。
イチゴに和牛にほんとなんでもパクられちゃって、、規制をもっと厳しくして農家を守らないと農家の経営が成り立たなくなっちゃうよ
海外に行ったときにマスカット売ってあったもんな~めっちゃ高い印象があったけど、日本のものやったんだね!

日本の対応は今後どうしていくのでしょうか!厳しく取り締まってほしいものです。

ルビーロマンやジュエルマスカットの苗木販売業者会社名判明!

今回、韓国の業者を突撃取材したところ、中国に文句を言えと言われていましたね!

いったいどこの企業なのか調べてみました!

なんでもパクんなや
どこの業者がこんなことやってんの!?農家の努力が水の泡じゃん
早期に対応しないと日本の技術はどんどん海外に流出してしまうね
文句は中国にってお前も同罪だからな!

業者名はわからないようですね!追って調査します。

ルビーロマンやジュエルマスカット、海外流出原因は?

今回の流出は何が原因だったのでしょうか!調べてみました!

韓国産ブドウの輸出量が伸びている。9割が日本から流出した「シャインマスカット」。2019年以降輸出量は日本を上回る。今年は予冷や長期貯蔵技術を積極的に導入し、年明けの輸出を大きく伸ばした。日本では優良品種の海外流出を防ぐ改正種苗法が21年4月に一部施行となったが、既に流出した同品種では、輸出先で韓国産との競合も起きている。同国の貿易統計によると、2020年のブドウの輸出額は、前年比34・7%増の3100万ドル(約34億円)と過去最高を更新した。輸出量は前年比5・7%増の1972トンだ。「シャインマスカット」が輸出量の88・7%を占める。

出典:日本農業新聞

法整備するのが遅すぎて施行した時にはすでに流出していたとか海外の目の付け所の良さと日本の甘さが目立つよね
海外で発見した日本製のシャインマスカットの鑑定をして抗議できるようにしたらよいのに
海外からの農業就業者とかが帰国の時に持ち出してるんじゃないの!?
海外からの農業をやりたいって就業者が不当な被害にあわないといいんだけど

いろんな憶測が飛び交いますが、原因はわからない状況ですね。国の早期対応を望みます。