時事ネタ

フランス代表モラ・アンドゥニの給水妨害動画はこれだ!処分はどうなる!?

2020東京オリンピック男子マラソンで、フランス代表モラ・アンドゥニ選手の給水妨害

がニュースになっております。今大会、2位のオランダ代表アブディ・ナゲーエ選手が3位

のベルギー代表バジル・アブディ選手を気遣いながら走っているシーンが取り上げられ

観客の心を奪うシーンもありました。そんな中、他の選手の事を気遣わず、むしろ自分が

良ければそれでよいと思われる今回のモラ・アンドゥニ選手の給水妨害疑惑がかかった

今回の件は、まさにスポーツマンシップのかけらもない、オリンピアンあるまじき行為

ですね!今回の動画のシーンを含め詳しく見ていきましょう!

モラ・アンドゥニ選手が給水妨害!?

モラ・アンドゥニ選手が給水妨害を行ったとしてニュースになっています!

東京五輪の男子マラソンに出場したフランス代表モラ・アンドゥニ(33)が9日、自身のフェイスブックで給水地点での行動を釈明した。アンドゥニは30キロ付近の給水ポイントテーブルに並べられたミネラルウオーターのペットボトルをなぎ倒し、最後の1本をつかみ取り給水した。この様子が、他の選手の給水を妨害する迷惑行為として動画や画像などで世界中に拡散。フランス紙「フィガロ」は「スポーツマンシップに反する不自然な振る舞いをした」と報道。「動画を見ると、彼が問題なく最後のボトルをつかんでいることからも、彼の行動は意図的であるように思われる。間違ってやったことだと主張するのは難しい」と指摘した。アンドゥニは「不毛な論争に終止符を打つ」として問題視された場面の動画を掲載。「(ペット)ボトルは鮮度を保つために水に漬けられている。ボトルが滑りやすくなるのは明らか。台の手前から1つ取ろうとして、かろうじて(最後の)取ることができた」と説明し、故意ではなくボトルが滑ったことによるアクシデントだと強調している。

出典:東スポweb

マラソンで給水所のペットボトルをなぎ倒して他の選手が給水できないようにしてたのは、17位のモラ・アンドゥニ。数年間出場停止にしていいレベル。
フランスのモルアド・アムドゥニ(モラ・アンドゥニ)選手だと報道されてる。オーストラリアのサイトだけど。東京オリンピックマラソン 17位だって。
最低だな(-_-;)国の代表なのにこんなことやってたら成績良くてももう二度と表舞台に立てないよ
フランスのモラ・アンドゥニという選手か。自国メディアにも叩かれてるし、17位で結果出せてないし、どこまでも残念な選手だなぁ。

相手を思いやる気持ちがあってスポーツって成り立つのかなと思いますので、今回の

モラ・アンドゥニ選手の事件はあってはならないことだと思いますね!

今後の試合に出る際はこのような事はやらないでほしいものです。

モラ・アンドゥニ選手の給水妨害動画はこれだ!

今回の給水妨害動画はこれだ!

いやいや、これは完全なる妨害だね。フランスのモラ・アンドゥニ選手だとか
東京オリンピックマラソン男子フランスチームのモラ・アンドゥニ選手33歳の「給水所コップなぎ倒し案件」はタイでもニュースに。順位は17位と振るわなかった同選手。フランスメディアも「故意だね」と突き放した。
男子マラソン給水地点のこれ、さすがにどうかと思うんだけど陸上競技に詳しい方のコメントが聞きたいところ
先の東スポ記事のモラ・アンドゥニ(フランス)の給水地点、確かに最後の1コを器用に取ってる

これは確実に濃いですよね!?故意ではないという声明を発表していますが、

うそつけ!って感じですね(笑)

モラ・アンドゥニ選手の処分はどうなる!?

さて、今回の一件を受けて、モラ選手の主文はどうなるのでしょうか!

8月8日に行なわれた東京五輪の男子マラソンは、ケニアのエリウド・キプチョゲが圧巻の走りで2連覇を果たし、日本から出場した大迫傑(ナイキ)は6位入賞。その他にも、中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)は先頭から大きく遅れるも最後まで懸命に走り切った。だが、同レースでのあるシーンが物議を醸している。英放送局『ITV』の人気情報番組『Good Morning Britain』で司会を務めるピアース・モーガン氏が、「速報『最もいかれた金メダル』は、フランス人ランナーのモルア・アンドゥニに贈る」と非難したのだ。モーガン氏が指摘するのは、先頭集団の28キロ過ぎの給水シーンだ。小刻みなペースのアップダウンにより、集団のふるい落としがおこるなか、なんとか食らいつくアンドゥニは、テーブルの上に並べられた水に手を伸ばすと、それらを全てなぎ倒したのである。これにモーガン氏は「彼は競争相手の水を意図的に全て倒した…信じられない!」と動画を添えてTwitterに投稿した。なお、アンドゥニの真後ろを走っていたオランダのアブディ・ナゲーエは、取ろうとした水がことごとく倒されたため、テーブルで水を手に出来なかった。それでも数メートル先の別のテーブルで無事水を確保。アンドゥニの少し後ろを走っていた大迫も、手前に水がないためテーブルの奥に手を伸ばし水をキャッチしている。アンドゥニの行為が故意であったか定かではないが、走りに余裕がなかったのは確かだろう。結局、アンドゥニは30キロ手前で集団から脱落し、17位でレースを終えている。構成●THE DIGEST編集部

出典:THE DIGEST

ひどいよね・・・こんな事するなんて。フランス代表モラ・アンドゥニ選手。IOCは処分が必要なんじゃない!?
この給水妨害は悲しい。人間的にどうなんだろう
モラ・アンドゥニが水をはたき落として後ろの選手が水を取れないようにした訳ですが、そのすぐ後ろにいて水を取れなかったのは2位になったオランダのアブディ・ナゲーエ選手だと思います(すぐ後に別のテーブルから取れたように見えましたが)モラ・アンドゥニは17位でしたが、失格にならないんですね
給水破壊マン、フランス代表モラ・アンドゥニ(33)をご当地「フィガロ」も激しく糾弾。

今回の件での処分はまだないようですね!でも出てきてほしいと思いますし、改心して

もっとよい成績を目指してほしいです!

モラ・アンドゥニの反論!

この選手、自分がやったことに対して異議を唱えておりますね!反省の色なしですか。

東京オリンピックのマラソンで起きた、“ある出来事”が波紋を広げている。事の発端となったのは、8月8日に行なわれた東京五輪の男子マラソンで、先頭集団が28キロ過ぎ地点で給水をしようという時のワンシーンだ。上位になんとか食らいついていたモルア・アンドゥニは、給水所のテーブル上に並べられた水に手を伸ばすと、それらを全てなぎ倒したのである。この様子が、ライバルたちの給水を妨害する行為として物議を醸すと、SNSを中心に動画や画像などであっという間に世界中へ拡散。フランスでも出版されているベルギーの日刊紙『DH』は、「スポーツマンシップを欠いた恥ずべき行為だ。その行ないがジェスチャーだとは言い難い」と手厳しく糾弾した。給水所での行ないが波紋を広げていくなかで、当の本人は故意的だという周囲の意見を真っ向から否定。「不毛な論争に終止符を打つ」と自身のSNSにアップした動画内で「他の選手たちには申し訳なく思う」と謝罪し、こう訴えた。 「激しいアップダウンと倦怠感の間で、僕は判断力とエネルギーを失っていた。そのなかで何とか(ペット)ボトルを掴もうと心掛けたが、落としてしまった。ボトルは鮮度を保つために水に漬けられていて、滑りやすくなるのは明らかだった。台の手前から1つ取ろうとして、かろうじて最後に取ることができたんだ。実際にやってみたら分かると思う」自らに非がないと強調したアンドゥニは、「僕は全員のことを尊重している」とも続けた。「僕はフランスのために戦えたことを誇りに思っている。でも、今回のレースは決して簡単じゃなかった。僕は、途中でほとんど諦めていたが、なんとか持ち堪えた」故意ではなくボトルが滑ったことによるアクシデントだと強調したアンドゥニ。一連のコメントから読むに、猛暑のなかでのレースに、余裕を失っていたのは確かと言えそうだ。構成●THE DIGEST編集部

出典:THE DIGEST編集部

オリンピック以外の世界大会も出場停止にしてしまえ!
確かに猛暑の中ってのはわかるけどこれはあんまりだよ。
そんな言い訳で通用するならルールなんていらないよ。でも今回の一件はモラルの問題だね
ボトルの間隔というより遠くから手伸ばして取ろうとしてる事の方が失敗の要因に思える。ただ55%ぐらいの確率でわざとに見える

いつか恋だったというニュースが流れてきそうな話ですね!

モラ・アンドゥニの過去の戦績は?

この選手、今回17位でフィニッシュしていますが直近の戦績はどうなんでしょうか!

東京オリンピック男子マラソン競技で、フランスの選手が給水所の水を全て「なぎ倒す」仰天行為を見せたと韓国メディアが報じた。韓国メディア「イーデイリー」は9日、東京五輪の男子マラソンに出場したフランス代表モラ・アンドゥニが30キロ付近の給水ポイントで、テーブルに並べられたミネラルウオーターのペットボトルをなぎ倒し、最後の1本を自身がつかみ取って給水したと伝えた。これは「ほかの選手の給水を妨害する迷惑行為」として動画や画像などで世界中に拡散し、特にフランス紙「フィガロ」は「スポーツマンシップに反する振る舞いをした」と報道。同件について、韓国のネットユーザーらは「故意のように見える」、「なぎ倒されたペットボトルによって、ほかの選手たちが負傷する可能性もある」、「スポーツマンシップが欠如している」と批判する一方で、「単純な事故のように見える」と擁護する声も一部で上がっている。

出典:WoW!KOREA

2006年:世界ジュニア陸上競技選手権大会1500mにて国際大会デビュー

2007年:世界クロスカントリー選手権にて38位

2007年:ヨーロッパ陸上競技ジュニア選手権にて5000mで金メダル獲得!素晴らしい!

2008年:ヨーロッパクロスカントリー選手権23歳以下で8位

2009年:世界クロスカントリー選手権で63位 同年世界陸上選手権出場はなかった

2009年7月:ミーティングアレバの大会で3000mで23歳以下ヨーロッパ記録を樹立!素晴らしい!

2010年:ヨーロッパクロスカントリー選手権にて金メダル獲得!素晴らしい!

2018年:ベルリンのヨーロッパ陸上競技選手権で10000m金メダル獲得!素晴らしい!・5000m銅メダル!

2021年:東京オリンピックで男子マラソン17位獲得・10000mで10位獲得!

あんまりパッとしないよね
マラソン向いていないんじゃない!?
クロスカントリーとか成績いいやん
なんでマラソンに来たんだろうね

この選手、マラソンより他の競技が向いていそうです!

世間の声は!?

今回の報道で世間はどう思っておるのでしょうか!?

これ最後の1本だけ綺麗に掴んでるから笑うw にしてもバルサ選手の差別発言や日本戦でのテコンドーサッカー、そして今件とフランスの印象増々悪くなったわ(- -;
動画見たけど、この行為が故意じゃなければ大抵のことは「故意じゃない」で済ませられることになると思う。握り損なった?手のひらは開いたままにしか見えない。
元長距離ランナーとしては面白い内容。
故意的だね。

やはり世間も厳しい声が多いようです。