未分類

名古屋入管の職員は誰!24時間のカメラ映像はこれ!保安上の理由は何?

名古屋の入管で不適切ない対応で尊い命が失われてしまいました。どうしてこのような事件が着てしまうのでしょうか。

日本という国は表向きでは礼儀正しく治安もよく、経済的にも安定しており、漫画や秋葉原など外国人が興味のある分野が多く、人気の国になっております。

その反面、今回のような入国在留管理局での対応の悪さは今回の件以外にも被害者を出しており、国際的な問題だと思っております。

今回の事件、どうして助けを求めるウィシュマ・サンダマリさんの声に耳を傾けなかったのでしょう。事件の内容を調べていきます。

ウィシュマ・サンダマリさんが入管の収容所で亡くなる。

なぜ助けを求めているのに対応しなかったのでしょう。不思議でなりません。

出典:読売新聞オンライン

一人の命を奪っておきながら、免職、停職、減給でさえもなく、法律上の処罰ではない「訓告」と「厳重注意」だけなのか。「訓告」って、賭けマージャン問題が発覚した黒川弘務氏が受けたものと同じですよね。
森友改竄の死も、名古屋入管の死も、そして新型コロナの自宅放置死も、全部繋がっている気がします。命を大切にしない政治、ウソ改竄隠蔽の政治、そして何よりも、そんな政治を黙って受け入れている人々。声を上げぬ人々。
こんな処分で終わらせるつもりなのか? 問題は、入管法と入管体制の構造的な問題であり、軽微な処分で幕引きをするなど、絶対に許されない。
入管、2週間分の映像を30分に縮めて開示する、つまり2万分超の映像から0.1%強を選んで編集して遺族にのみ見せると。これは開示なのか隠蔽なのか。「ウィシュマさんが亡くなる直前の姿を映したおよそ2週間分の監視カメラ映像を30分ほどにまとめ、遺族に限定して開示する見通し」

今回の件、人の命を軽く考えすぎていると思います。対応を考えていかないといけませんし、処分をもっと重くしないといけないと思います。

名古屋入管の対応した職員は誰!

今回対応した職員は誰なのでしょうか幹部ではなく対応者に問題があるのではないでしょうか!調べていきます!

名古屋市の出入国管理施設でスリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、出入国在留管理庁が調査報告書を公表したことを受け、遺族らが10日、東京都内で記者会見した。ウィシュマさんの妹ワヨミさん(28)は「なぜ体調が悪かったのに姉を仮放免しなかったのか。一体何人亡くなったら医療体制を変えるのか」と声を詰まらせた。弁護団の指宿昭一弁護士も「結局入管全体の責任は認めず、軽い処分で済ませようとしている。そういう責任逃れの報告書だ」と厳しく批判した。弁護団によると、入管庁から10日、2時間程度に編集した監視カメラの映像を遺族のみに開示すると連絡があった。弁護団は編集前の2週間分のデータの開示と弁護士の立ち会いを求めており、ワヨミさんは「ビデオを2週間分出すまで戦っていきたい。それまでは帰れない」と話した。一方、支援団体は10日午後、名古屋出入国在留管理局に再発防止を求める申し入れ書を提出。団体の松井保憲顧問は報道陣に「最終報告と言っているが、これが出発点だ」と述べた。名古屋入管は「亡くなった方に心からお悔やみとおわびを申し上げる。再発防止に全力を挙げる」とのコメントを出した。

出典:時事通信

お姉さんが亡くなったのは不幸なことだけど、家族が日本に不法滞在したことを棚に上げて「みんな一緒になって姉を殺したのと同じです」なんて日本を責めるのは酷いと思います。
名古屋入管死亡事件、監視カメラ映像の開示について与党は「慎重であるべきだ」と消極的。報告書には、カメラ映像をもとにしたウィシュマさんと職員とのやりとりもあるが、取捨選択された部分的な抽出にとどまる。全体を明らかにし、入管の対応を客観的に検証可能にすべきだ。
看守は倒れたウィシュマさんを放置し、身体の上を跨いで、スタスタと部屋を立ち去った…
ウィシュマさん死亡事件。名古屋入管の局長、当時の次長を訓告。ほか幹部2人を厳重注意と報道。詳細は10日に公表予定になっている。ひとりの命を奪った名古屋入管の処分としては甘々すぎる。刑事訴追が必要だ。ビデオの開示も不可欠。

今回の件で対応した職員の名前は出ていませんね。引き続き調査致します。

カメラ映像はこれ!?保安上の理由は何?

今回の映像はでていないのでしょうか!調べてみます。

「ウィシュマさんが亡くなる直前の姿を映したおよそ2週間分の監視カメラ映像を30分ほどにまとめ、遺族に限定して開示する」のでは死因の検証などできるわけもなく、都合の悪い部分を隠す意図しか感じられず、実質的に「わたしたちがやりました」と告白してるようなものでは。
編集したものでも十分酷いらしいので、編集してなかった映像はどれだけ恐ろしいものなのだろうか。未編集の映像を、ご身内が望んでいるのだから渡すべきだ。そして、ご身内が見せていいと思っている人には見せるべきだろう。
ご遺族が名古屋入管を訪れたとき、ウィシュマさんが最後にいた居室にご遺族のみ通され、代理人は認められなかった。ビデオを見るのは非常に、精神的な負荷が大きいはず。今回も代理人は排除だろうか。そもそもなぜ入管はNHKにリークし、ご遺族にも代理人にも連絡がないのか。
名古屋入管では当初、保安理由を盾に録音を拒否していた。その時やりとり音源を聞いたが、ウィシュマさんがそこで亡くなっているまさにその当事者入管人なのにとても横柄で、隠し立てを貫こうとしているような態度でとても憤りを覚えた」

映像も理由も明らかにはなっていないようですね。早期に開示や理由が明らかになる事を願っております。