事件

聖徳太子のニセ札作ったの誰?犯人の名前や画像!被害にあったお店どこ?

東京都内で、偽札が使用されている被害が相次いでいる様です。

しかも偽札は『聖徳太子』の書かれた一万円札だということです。偽物にはPSから始まるコードが書かれているとのことで被害が明らかになっているそうです。

電子決済や自動レジが普及している中、よくこんな事件が出てきたなぁと感心してしまうほどです。レジにふた昔も前の一万円札を持ってくる人なんてなかなかいないですよね・・・それが偽札だとわかる手がかりになったのでしょうか??

事件について詳しく調べていきたいと思います!

聖徳太子の1万円ニセ札で被害相次ぐ!

偽札ってどうやってわかるんでしょうか??

事件について詳しく調べていきたいと思います!

東京都内のコンビニエンスストアなどで今月21~26日ごろ、聖徳太子の肖像画が描かれた偽の旧1万円札約50枚が相次いで見つかったことが警視庁への取材で判明した。いずれも記番号などの特徴が似ており、同庁捜査2課が偽造通貨行使の疑いで調べている。

同課によると、偽1万円札の使用が確認されたのは、豊島、中野、新宿、渋谷、墨田の5区にあるコンビニやドラッグストア計約40店舗で、利用客の多い駅前の繁華街などに集中していた。いずれも夕方から夜にかけて数百円分の菓子などを購入する際に使用されており、釣り銭を狙ったとみられる。

偽札は全て1986年に発行が停止された聖徳太子の肖像画が入った旧1万円札を模造したもので、透かしが入る精巧な作りだった。記番号はいずれも、実際には存在しない「PS」から始まり「N」で終わるものだった。

引用:毎日新聞

バーコードだ、電子決済だと言われている時代に聖徳太子の1万円札のニセ札とはな。 着眼点がすごい。
ニセ札かもしれないって疑うためには本物のお札がなくちゃだめだし、夢かもしれないって疑うにはめざめているときがなければならない。疑うためには、疑いの足場が必要になる。何かを疑うためには、疑いをまぬかれているところがなくちゃ、だめなんだ。
各店舗でニセ札使った男女が共通してるならカメラ映像、公開すればいいのに
お金を受け取る自動支払い機では、はねられるらしいよ。ニセ札は。 パチンコ屋、銀行、ATM、JR切符売り場

まだ無人が普及していない有人レジでの犯行だった様ですね。RSから始まってNで終わる・・・持っている人は確認してみましょう。

聖徳太子のニセ札作ったの誰?犯人の名前や画像!

偽札を作った犯人は一体誰なのでしょうか??

詳しく調べていきたいと思います!

東京都内のコンビニなどおよそ40店舗でニセの旧1万円札が相次いで使われています ニセ札には透かしもあり精巧ですが記番号が本物にはない「PS」から始まっているということです 夜に単独で男や女が店を訪れニセ札で菓子など数百円程度の商品を購入するケースが多く 釣り銭目的とみられています。犯人は誰??
この一万円札は、格調があって好きだなぁ。これを使っていたころは一万円に今より価値があった気がする。しかし、そのニセ札とはね・・聖徳太子も無念だろう。犯人捕まらないと被害がどんどん出てきそう
ニセ札を防止するコンピュータ機能のレジがいまどきのレジだとはおもうが、どうだろう。犯人の特定は難しいのかな。
防犯カメラの映像とかで特定できないもんなのかな??偽札使う人なんて今時いないだろうし・・・

犯人を特定できる情報はありませんでした!

新しい情報が入り次第追記したいと思います!

聖徳太子のニセ札被害にあったお店どこ?

偽札の被害にあったお店はコンビニ以外どこだったのでしょうか?

詳しく調べていきたいと思います!

中野区で被害が多数あるみたいだけど・・・店舗はどこ??
釣銭機に投入できない旧券 日本の古いお札に詳しくない外国人店員や若い店員 狙われているので注意
有人のレジで若い人が狙われている様ですよ!しかも最近は外国人のレジも多いからね・・・
東京都内のどこ??被害はコンビニだけなのかな??

コンビニ以外の被害店舗は特定ができませんでしたが、商店街などで『ニセ札注意』の警告がされている様ですね!!

新しい情報が入り次第追記していきたいと思います!